カラーコンタクトは高度医療機器

カラーコンタクトは高度医療機器です。

カラコンの装着時間はどのくらいか

目が大きく見えて、いつまでも付けていたいカラコンですが、装着時間はどのくらいがいいのでしょうか。
初めての場合は、1日1~2時間程度がいいようです。それでも、目がゴロゴロしたり何らかの違和感を感じる場合は、すぐに外したほうがいいでしょう。一度外したら、その日は二度と装用しないことが大事です。
これを2~3日つづけたあと、4日目あたりから1日1時間程度づつ増やしていきます。慣れた場合でも、1日6~8時間くらいが限度です。また装用しない日が1週間以上続いたような時も、もういちど少ない時間から慣らしていきます。
ワンデータイプのものは、1日で捨てるので他のものより安全性が高いですが、やはり長時間装用しすぎると目に負担がかかります。また2週間や1カ月などのタイプには、未開封で保存できる期限と、開封後に利用できる期限の両方がありますので、間違えてはいけません。
カラコンは、色素をレンズで挟んであります。そのため普通のコンタクトレンズと比べて厚みがあって、酸素透過率も低くなっています。目薬をこまめに注すと少しは軽減されますが、それでも目に対する負担は少なくないようです。外し忘れた状態で寝てしまうのもよくありません。
無理をすると、目が酸欠状態になり、角膜が弱くなって様々な炎症を起こしやすくなります。
製品によって目安となる装着時間は違いますが、それでも長時間の利用は避けた方が無難なようです。外した後はカラコンだけでなく、目薬等で目の洗浄も行っておいた方がいいでしょう。

http://www.angel-eyes.tv/
オススメなのが>>こちらのサイトです。

カラコンの購入方法、乱視でも購入することはできるのか

カラコンとはその名の通り、レンズに特殊なカラー、デザインが入ったコンタクトレンズのことで瞳の色や見た目を一気に変えていくことが出来ます。コスプレ やちょっとしたイベント時はもちろんですが、比較的おとなしめのデザイン、カラーで普段使いのレンズとしても活用することができるので、おしゃれの幅はよ り一層広がっていきます。
こうしたカラコン商品はコンタクトレンズ専門店の他、雑貨店や通販サイトでも簡単に購入することが出来ます。コンタクトレンズ専門店の場合は前もって眼科 医の処方する処方箋が必要になるケースがありますが、雑貨店や通販サイトであればこうした医師の処方箋なしに利用することが出来ます。もちろん、レンズを 購入する際には前もって正確なレンズサイズ、度数などの情報が必要になってくるので、初めての利用であれば予め眼科医の診察を受ける必要があります。た だ、すでにある程度コンタクトレンズを使用していて、そういった情報をすでに把握している場合は例外なので、より簡単な方法を選択するのもおすすめです。
通販サイトを活用する方法であれば、実店舗に比べてその品揃えが豊富です。特に乱視用などの比較的在庫数の数が少ない商品であれば、通販サイトを介して購 入した方がその購入が手軽になるのです。さらに実店舗に比べてその価格も押さえられているケースが多いので、これからカラコンを購入するという人にもおす すめです。
度数入り、特に乱視用のレンズを探しているという人は一度チェックしてみると良いでしょう。

カラコン装着した場合の眼への影響

以前、カラコンで様々な問題が起こったとニュースなどで報道されていました。その報道のお陰で、2011年の2月からカラコンが高度医療管理機器に指定されました。様々な眼への影響があるため、このような規制がかけられたのですが、実はカラコンで眼の障害を起こして眼科を診療される方が増えてきています。

2011年2月以降は高度医療管理機器未承認のカラコンは販売ができなくなるということで、未承認のほとんどのカラコンが、安全性を確認するための臨床試験をせずに、駆け込み状態で高度医療管理機器の認証を受けたためです。
そのため、ユーザーは安全性の保証があるものと思い込み、医師の診断なども受けずに購入し、眼の障害を起こしてしまうのです。
カラコンの眼への影響は、そのほとんどがカラコンの酸素透過性の悪さが原因です。眼に十分に酸素を贈ることができなくなるので、眼が酸欠を起こし角膜が腫れてしまい、傷ついたり、感染症を起こしやすくなったりします。

カラコン自体は韓国や台湾、シンガポールなどで製造されていて、これらの国の製造業者はコンタクトを製造する技術力が未熟な場合が多いのです。利用される素材も、現在、日本で作られている透明の度入りコンタクトでは使われないような古い素材を使っています。
その事実を認識しているユーザーは少なく、その現状が眼のトラブルへとつながっていっています。
眼は人間が生活する上で非常に大切なモノですので、眼への影響をしっかりと認識して利用するようにしたいです。


更新履歴

2015年12月8日
カラコンの装着時間はどのくらいかを更新
2015年12月8日
カラコンの購入方法、乱視でも購入することはできるのかを更新
2013年11月1日
カラコン装着した場合の眼への影響を更新
2013年11月1日
遠視用もあるおしゃれなカラコンを更新
2013年11月1日
違和感のない高度医療機器としてのカラコンを更新
2013年11月1日
カラコンの目に対する安全性を更新
2013年11月1日
通販でカラコンを購入する際の注意点を更新
2013年11月11日
運営者情報を更新
2013年11月7日
SITE MAPを更新